あべありかプロフィール

プロフィール写真

4歳からピアノを始める。同志社女子中学・高校を経て同志社女子大学学芸学部音楽学科ピアノ専攻卒業。 在学中から草津国際音楽祭に参加、E.ピヒト・アクセンフェルト、J.パーレニチェクに師事し修了演奏会に出演。奈良県新人演奏会、大阪楽友協会推薦演奏会等に出演後、渡欧。


オーストリア国立グラーツ芸術大学ピアノ演奏科に入学。 第1ディプロムを取得、ピアノ演奏科卒業。そして同大学院ピアノ伴奏科に進学。第1回パシフィック・ミュージック・フェスティバルのオーディションに合格し、奨学生として招かれ、L.バーンスタインに最後の指導を受け、ロンドン交響楽団のメンバー達と室内楽等を演奏する。


大学院在学中、コレペティトーアとしてコンサートでの歌手の伴奏や様々なオペラ作りに参加。また、通奏低音のクラスでも才能を認められ、チェンバリストとしても活動した。第2ディプロム(マギスター)修士課程を修了後帰国。


京都、グラーツ、フランス(サン・マロ)でソロリサイタルを開催。 また、コラボレイティブ・ピアニストとして、歌、合唱、弦楽器、管楽器の奏者との共演を重ねる。とくに歌曲の分野では、専門のドイツ・リートはもちろん、京都フランス歌曲協会等において、フランス・メロディの伴奏者として、様々なコンサートに出演。


室内楽では新ブダペスト弦楽四重奏団、およびドイツ・プロメテウス弦楽四重奏団とピアノ五重奏曲を、演奏。またソリストとして、グラーツ教育大オーケストラ、大阪チェンバーオーケストラ、奈良フィルとピアノ・コンチェルトを演奏している。


W.クリーン、C.イヴァルディ、D.クーニング、K.ゲキチ、A.シピリ、D.ボールドィン、F.ル・ルー等のマスタークラスを修了。これまでにピアノを小清水礼子、笠原進、古瀬村恭子、C.リー、G.ツェラー、佐藤明子の各氏に師事。チェンバロをF.ツェービンガー氏に、フォルテピアノをP.コーエン氏に師事。


ソリスト、及びコラボレイティブピアニストとして演奏を続けるかたわら、2012年からソプラノ、フルート、ピアノのトリオユニット「京とりこ」の一員として活動。2014年秋に3人でフランス公演ツアーを敢行。2015年から、パリ在住ピアニスト中本陽子とピアノデュオを結成し、2016年夏に京都、東京、大阪、奈良でリサイタルを開催する。また、プロのハンドベルユニット「ベル・エチュード」の一員としても活躍している。


奈良県音楽芸術協会、京都フランス歌曲協会各会員。現在、エコールJEUGIA、滋賀短期大学、関西女子短期大学、各講師。

main_image_1 main_image_2 main_image_3 main_image_5 main_image_6